弁護士

資格取得後の就職先

スーツ

弁護士の就職先には様々な職種がありますが、最近では民間企業への就職が増加しています。民間企業ではコンプライアンスの作成などができる高度な法律知識を持つ人材の求人を行っています。そこで弁護士資格を有する人材の確保に力を入れているのです。就職先を探す場合は民間企業の行う求人に注目してはいかがでしょうか。

詳細を確認する...

専門性で勝負できます

弁護士

弁護士求人を見つける場合には、自分の希望や将来展望によって、専門性をもった業界での活躍なども視野に入れる事ができます。一般企業における法務部門での弁護士求人については、企業の業績によっては、部門の統廃合が実施される可能性などがある事には注意が必要です。

詳細を確認する...

希望の条件の仕事を探す

弁護士

弁護士として働くには資格が必要です。資格を取るには時間とお金が掛りますので、覚悟しておきましょう。弁護士の求人は専門サイトなどで探してみて、自分の条件に合った事務所選びをすることが、今後に響いてくるでしょう。

詳細を確認する...

専門性の高い職業

法律系の職業

仕事

世の中にはさまざまな職業がありますが、その中でも極めて高度な法律知識が必要となる仕事が弁護士です。弁護士は、公認会計士などと並び称される難関の国家資格であり、資格を取得するためには司法試験に合格しなければなりません(裁判官や検察官も同様です)。そして司法試験の受験勉強には最低でも3年以上の期間が必要といわれています。弁護士資格を持つ者への求人は、法律事務所だけでなく、民間の大手企業の法務部門などにも広がっています。弁護士以外の国家資格が必要な法律系の職業としては、不動産登記や商業登記を扱う司法書士、各種行政手続きを代行する行政書士、特許を扱う弁理士などがあり、それぞれ独立して業務にあたれる仕事です。

資格と仕事の実際

国家資格は、試験に合格して資格登録すればすぐに仕事がやって来たり、求人があるというものではありません。最難関の国家資格といわれる弁護士でさえ、最近では競争が激しくなり、安定的に仕事を得ていくためには、しっかりとした経験や実績をもっていなければなりません。そして自分の事務所が民事に強いのか、刑事事件に強いのかといった特色もしっかり出すことによって、依頼者に選択してもらいやすいようにするなどの対応も必要です。 資格を持っていれば応募できる求人案件が増えるのは確かです。しかし求人する側にとっては実際に仕事がしっかりできることが重要であり、資格はあくまでもその目安のひとつです。資格取得で身に付けた専門知識をいかし、実務能力を磨くことが大切です。